仮想通貨にオンラインカジノ…一風変わったライター需要

ライターは依然として人気の職業です。オンラインコンテンツの需要もまだまだ伸びていますが、競争率の高い仕事であることに変わりはありません。そこで、本記事では、一般的なWEB記事とはひとあじ違うちょっとニッチなトピックをご紹介したいと思います。ライター志望の皆さんに、ジャンル選びの参考にしていただければ幸いです!

仮想通貨・ブロックチェーンの記事

仮想通貨・ブロックチェーン業界はまだまだ若い業界であることから、万年深刻なライター不足と言われています。端的に言って、(日本では特に)業界全体のイメージが悪いこと、また、詳しい知識を持っている人が少ないことなどが背景となっているようです。

とはいえ、仮想通貨・ブロックチェーンは世界的にみても非常に目覚ましい成長と進化を遂げている分野であり、将来性もあるため、現状ではニッチであるものの、おすすめのラィティング分野でもあります。

オンラインカジノの記事

こちらも日本ではあまり馴染みのない分野ですね。また、仮想通貨・ブロックチェーン分野と同様、あまりイメージの良い分野でもありません(だからこそ、書き手が少ないのですが…)。ただ、オンラインカジノはヨーロッパをはじめとした諸外国では何十年も前から親しまれているエンターテイメントであり、日本のように悪いイメージはありません。オンラインカジノはボーナスが豊富であり、日本でもゲーマーやパチスロ好きなどを中心に注目されています。

近年は IR 誘致の流れに伴い、日本でも新たなオンライン活動が続々とオープンしています。ということは当然、その関連の記事の需要も増えています。オンラインカジノは仮想通貨と同様、知識のある人が不足していますが、仮想通貨と比べると勉強する内容の専門性が低く、難しくないと言えます(基本的にギャンブルやゲーム、サイトのシステムに関することですので…)。そういう意味では、手が出しやすい分野かもしれません。 

まとめ

いかがでしたでしょうか?本記事でご紹介した二つのライティング分野は、どちらも現金を扱う内容であるため、ある意味では割とシリアスな分野です。それにもかかわらず、現状では圧倒的に情報が不足しており、ライター不足となっています。また、どちらも日本の文化的には警戒心を覚えるようなトピックですが、それは裏を返せば、情報記事の価値が高いということです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*