日本の教育 おかしい

日本の教育は良いものですか」という質問に答えるためには、文章の各部分を検証する必要があります。goodに関しては、満足のいくものかどうかを指します。このような観点から質問を見てみると、日本の教育はかなり満足のいくものだと言えます。これは、日本と比較して他の国やその基準を見ることでわかるかもしれません。例えば、statisticbrain.com によると、2011年に9年生以下の教育を受けた人口の割合は、韓国が10%、日本が2%となっています(北朝鮮と韓国では多少の違いがありますが)。したがって、日本の教育ははるかに優れていると結論づけることができます。日本の教育を別の角度から見ると、就学率に関する統計があり、一般的に近隣のアジア諸国は日本よりも就学率が低いことがわかります。

例えば によると、2011年の初等教育への就学率は人口の71%に過ぎず、世界でも最も低い割合となっています(北朝鮮と韓国では多少の違いがあります)。しかし、北朝鮮と韓国では多少の違いがあるとはいえ、すべての国が普遍的な初等教育を提供しているわけではないため、この統計は質を反映したものではありません。このように、教育の質を判断するためには、統計による世界比較など様々な要素がありますが、教育の背景も考慮しなければなりません。日本の教育は非常に優れていると結論づけることができます。これは、他の国やその基準を日本と比較してみるとわかるかもしれません。例えば、statisticbrain.comによると、2011年に9年生以下の教育を受けた人口の割合は、韓国では10%、日本では2%でした(北朝鮮と韓国では多少の違いがありますが)。したがって、韓国をはじめとする近隣のアジア諸国に比べて、教育ははるかに優れていると言えるでしょう。日本の教育を別の角度から見ると、就学率の統計があり、全体的に近隣諸国の方が日本よりも就学率が低いことがわかります。例えば、初等教育への就学率は人口の71%であり、これは世界的に見ても最低水準である(北・南・西の違いはあるが)。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*