Webライティングをスキルアップさせるには?

 ブログにサイトテキストに、ニュースコンテンツに…サイトやブログ運営に関わっていたら、ラィティングの機会は日常的にあることでしょう。また、「ウェブライター」という職業も年々需要が増しており、職業にするハードルは低くなっているといえます。

 しかし、だからこそ文章のクオリティの差がはっきりわかるものです。いい加減に書いた文章とスキルのあるライターさんが書いたものには、雲泥の差があります。

 文章の質はサイトの質であり、質の高い記事を書けるライターには仕事も多くきますし、長く使ってもらえるでしょう。ライティングのスキルアップは意識してトレーニングをすれば比較的短期間で可能です。

 本記事では、Webライティングのスキルアップに役立つ方法をご紹介します。

たくさん読む

 まず、基本中の基本として、とにかく人が書いたものにたくさん触れる(読む)ことです。自分が進みたいジャンルを中心に、日常的に本や記事を読むことを意識しましょう。ただし、Webライティングだけを読むのは危険です。

 Web記事を読むことで、Webに適した構成の仕方や書き方は学べますが、そもそもWeb記事は「時間かけずに情報を与える」ことを目的としています。また、校正も入っていない場合がほとんどです。文章力自体を鍛えるならば、なるべく書籍を読むことです。

 書籍はプロの作家が時間をかけて推敲したものであり、プロによる厳しい校正も入っています。そういう意味では、一見Webライティングとジャンルが全然違うように見えたとしても、小説等を読むのもおすすめです。表現の幅がぐっと広がりますよ。

写本する

 本を書き写す「写本」も文章力アップにおすすめの方法です。目指している文章スタイルやレベルの作家さんの文章を書き写すことで、読むだけでは気がつかなかったことにたくさん気がつくことができます。

メモリーツリー手法

 こちらは実際に記事を執筆する際の手法です。「メモリーツリー」とは、ひとつのことについて派生するキーワードを書き出していき、覚えていく記憶術として知られるものです。

これが、Webライティングにも応用できます。

 一つのテーマに対して、なるべく多くのキーワードを書き出します。そのキーワードに優先順位をつけ、優先順位の高いキーワードから取り上げて記事を書くと、自ずと情報が伝わりやすい構成になります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*