2021年おすすめのブログプラットフォーム

 2021年現在、マーケターとして目立っているのはYouTuberやインスタグラマーで、一見ブログは10年ほど前に比べると下火に見えます。ですが、ブログサービスもまだまだ有効な広報ツールです。長文の文章が投稿できるブログは、写真や動画では表現しきれない、詳細で深い内容の情報を発信できます。

 本記事ではおすすめのブログプラットフォームをご紹介します。

おすすめ1. ワードプレス

 やはり、ここは外せません。世界No.1のシェアを誇るWordPress.com。毎月約4億900万人の人々がワードプレスで作られた個人もしくはビジネスブログを見ているといいます。ちなみにWordPress.comとWordPress.orgがありますが、ブログサービスはWordPress.comのほうなので、お間違えなく。アカウントを作成すればすぐにWebサイトを公開可能で、最初の立ち上げがとても楽で、テーマもおしゃれです。SEOにも有利な作りになっています。

おすすめ2. はてなブログ

 息の長い人気の無料ブログサービス、はてなブログ。アフィリエイトだってできちゃいます。シンプルなサイトデザインや、公開初期からアクセスを集めやすい点が魅力といえます。「はてなブックマーク」や「はてなブロググループ」というコミュニティもあり、他のユーザーとの繋がりももてます。

おすすめ3. note

 クリエイターさんには断然おすすめなのがnoteです!noteはプロのライターさんも記事を発信しやすく、ファンと交流しやすい仕組みにです。また、noteには発信した情報を販売して収益化できるシステムがあるところも利点です。サイトのデザインは決まっているので、コンテンツの制作に集中しやすいという隠れたメリットもあります。

おすすめ4. Amebaブログ

 日本の「読者」間で一番知名度があるのは、Amebaブログではないでしょうか?有名人や芸能人がよく使用しています。通称「アメブロ」は、内部コミュニティが活発なのが特徴です。SNS的な使い方もできるため、はてなブログよりもユーザー間のコミュニケーションがとりやすく、繋がりやすい環境です。

 気に入ったユーザーをフォローすることができ、さらにコメント機能での交流も盛んです。さらに、現在は商用利用も可能になっているので、ビジネス目的でも使用できます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*