地味に入用なものも

必要な荷物は何かを見ていくと、段々と明確にどれが必要でどれが不必要なのかはわかってくるものだ。持って行きすぎない程度に荷物を減らす、もちろんそれも大事なことだが持っていかなすぎるというのもどうなのか。荷物は少なく、旅先でもスマートに行動できていればモテ系だ、だなんていうが金銭的にも上限がある修学旅行生では無理が出てくるのは言うまでもない。旅先で買えば良いというが、その買物をするだけの時間が無い場合もあります。また必要なものが売っていない場合も考えると、社会人から見た旅行の軽やかさは学生には当てはまりません。

荷物は量も意識したが、『質』も重要な要素だ。例え少なくても、きちんと必要最低限と言えるものを抑えた中身であれば例え多くなっても問題ない。人間一人、生きている時間も違えば必要なものも個人差は出てくる。医薬品の類がいい例だ、必要なものなのに置いていって現地調達で済ませられればいいだろうとは、短絡的な発想でしかない。

旅行を楽しくするために荷造りをするとしたら、荷物の質を充実させて旅先で余計なものを買わないようにするというのも大事なことだ。買えば良いとは最終手段、それこそただ面倒臭がっているだけだという風に個人的に思っている。

そんな荷物の中には、必須とまではいかない、それこそ絶対という指令に値するようなものではないものでもあって損はないという荷物があります。今度はそうした方向について考えてみる。

あって損はない荷物

ビニール袋

汚れた衣服、使用済みの下着などを鞄にしまう際にどうしているでしょうか。むき出しでそのまま一緒にしまう人もいるでしょう。ただしまうにしても、その衣類が無用に汚れていない、濡れていないといったことがなければ良いが、あるなら話は別だ。新品の衣服の側でなくても水分や汚れを伴ったものを入れておけば汚れになってしまいます。そうなると帰ってからの掃除といった手間が増えてしまうので、非常に面倒だ。

そうならないように持っておいて損がないものといえば『ビニール袋』の存在は頼りになります。市販されているものでも良いですが、せっかくだからスーパーなどのレジ袋を利用した方がいいだろう。販売されているものは基本透明なので中身が丸見えだ、見られたくない場合はレジ袋の方がエチケット的な観点で重宝する。

エコバッグが主流だからレジ袋がないという人がいるなら、旅行に備えてレジ袋を調達できるように家族にも協力を求めると良いかもしれません。

ウェットティッシュ

旅先でなくても色々な場面であって損をすることのないアイテムといえば、『ウェットティッシュ』が挙げられます。ここでいうところの商品は、なるべく消毒性があるウェットティッシュが推奨だ。ただ濡れているよりは除菌出来るタイプのウェットティッシュであれば、様々なシーンで対応できる。不意に手が汚れてしまった時など、雑菌がつかないようにと使用すれば衛生的な問題も起こらずに済みます。

これについては男女問わずオススメしたい。男がこんなもの持って行くなんて恥ずかしすぎると、体裁を気にする年頃かもしれないが雑菌を撒き散らしての格好良さなど誰も求めていない。学生は何かと格好つけたがるものだが、最低限のマナーが出来ない人間など格好良いワケがない。あって重宝する、そう言う意味でウェットティッシュの持参も検討すると良いかもしれません。

防犯装備

あって損がない荷物、その中には自身の身を守るために必要な装備なども含まれます。今でいうところの『防犯ベル』などがいい例だ。これは男女構わず持っていると良い、例え国内であろうとだ。修学旅行生がそんな犯罪に遭遇するなどあるかと思うかもしれないが、だからこそ危ないのだ。実際、海外では警察官を装った人間が日本からの修学旅行生をカモにしている、なんて悪質な事例も確認されています。

そうした場合、盗まれたから取り返すために追いかけるなどの行動は却って危険度を上げてしまう。そもそも土地勘がないため、もし入り組んだ道へと入り込んでしまえば元いた場所へ戻る事も出来なくなってしまう。国内でも同様だ、方向音痴じゃないとかそういう問題ではないため、何かしら危ない状況に陥ったらブザーを鳴らして自己防衛に専念するほうが無難だ。

今や安心して生活することすら難しくなっている時代、あって損はないが楽しい旅行で使用する機会には出来るだけ見舞われたくないアイテムとも言える。

必要性について

上記に紹介したアイテムについても、優先度的なものをつけるとなったらやはり順番は難しい。あえて言うなら、

こんなところだ。

窃盗犯が出現したら自分たちで捕まえれば良い、なんて発想を学生が持つ事のほうが危うい。身の危険というのはいついかなる時に差し迫るものか、分かったものではないからだ。それを勇気と履き違えている人もいるようだが、学生だからこそやるべきことは安全を心がけて修学旅行を過ごすが第一とすべきことだ。